炊飯器の種類って

当サイトでは、料理に関する様々な用語を解説。
また、料理に関する語句や専門用語をご紹介し、食文化の歴史や奥深さを感じて頂き、
日常生活を楽しく・豊かにするためのお役に立てて頂こうというサイトです。
用語を項目ごとに整理しておりますので、簡単に知りたい情報を見つけて頂くことが可能になっております。
では、当サイトをごゆっくりご覧ください。
スポンサードリンク

炊飯器の種類

HOME>料理実践用語>炊飯器の種類
炊飯器の種類は、炊き上がるお米の量の違いから分けられるものや炊き上げる燃料の違い、また用途の違いなどから分類されます。炊き上がる量は、「3合炊き」や「1升炊き」などです。炊き上げる燃料は、電気を使うものとガスを使うものに分けられます。炊き上がる量と電気かガスかの関係は、大体2升を境に分けられます。2升までが電気炊飯器となり、それ以上はガス炊飯器となります。一般家庭では、ほとんどが電気炊飯器だと思います。ただ、ガスで炊き上げると美味しいという話は昔から言われています。ちなみに、「おひつ」は炊き上がったご飯を保存するには最適です。使われている木材(サワラなど)が適度な水分を吸収するので、ご飯がべとつきません。

Copyright -料理の用語さしすせそ- All rights reserved