小口切りって

当サイトでは、料理に関する様々な用語を解説。
また、料理に関する語句や専門用語をご紹介し、食文化の歴史や奥深さを感じて頂き、
日常生活を楽しく・豊かにするためのお役に立てて頂こうというサイトです。
用語を項目ごとに整理しておりますので、簡単に知りたい情報を見つけて頂くことが可能になっております。
では、当サイトをごゆっくりご覧ください。
スポンサードリンク

小口切り

HOME>料理実践用語>小口切り
小口切りとは、料理として出来上がったとき口を大きく開けることなく食べられる大きさです。食材は「きゅうり」や「ねぎ」などの細くて長いものを切る時に用いる方法です。ですから、「きゅうり」の厚さで言うと、5ミリ前後ぐらいでしょうか。断面は食材の形になります。「ねぎ」なら断面は円くなっているはずです。小口切りをリズムよく切れるようになれることが、調理の腕を上達させる「はじめの一歩」と言ってもいいでしょう。

Copyright -料理の用語さしすせそ- All rights reserved