税理士 講座に関する情報をご紹介

税理士とは

税理士とは

税理士は、税務に関する専門家

 独立した公正な立場から、租税に関する法令に定められた納税義務の適正な実現を図る仕事です。納税に関する法令は毎年改正されるため、正しい納税の方法や申告手続きを代理して、納税者の納税業務を履行します。

税理士の主な業務

税務代理  

  • 税務官公署に対する税務調査や処分に対する主張について代理、代行する
  • 税務代理をする場合、依頼者から委任状をもらい、税務官公署に提出する
  • 税務調査の立会のとき、税務官公署の職員と面接するときは、税理士証票を呈示する

税務書類の作成  

  • 税務官公署に提出する申告書や申請書等の書類を作成する
  • 申告書など税務書類を作成・提出する場合、その書類に署名押印をする

税務相談  

  • 税務官公署に対する申告や主張、陳述、申告書等の作成に関して、租税の課税標準等の計算に関する事項について相談に応じる

会計業務  

  • 税理士業務に付随する、財務書類の作成・会計帳簿の記帳の代行などの財務に関する事務を行う

租税に関する訴訟の補佐人  

  • 租税に関する訴訟において訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・陳述し、納税者を支援する

税理士のメリット

安定した仕事  

税務は専門知識が要求されるため、税理士ニーズは大変多い
毎年必ず「確定申告」が行われるため、安定した仕事量がある

独立・開業できる資格  

企業内有資格者として、経験と知識を身につければ独立・開業できる
資格試験が難関だからこそ、独立・開業に向いた資格

powered by Quick Homepage Maker 4.03
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional