宅建 講座に関する情報をご紹介

宅建とは

宅建とは

 正式名称「宅地建物取引主任者」といい、一般的に「宅建」と言われます。宅地建物取引主任者は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格で、不動産業のエキスパート資格です。

 不動産関係の事務所においては、従事者5名に対し1名以上の割合で宅建資格者を置くよう義務付けられています。そのため、宅地建物取引主任者の有資格者はニーズが高いのです。

宅地建物取引主任者の主な業務

お客様が、家や土地を購入する場合

  • 不動産業者はお客様に対して、購入される家や土地のことを説明する義務が生じます
  • 説明される事柄の中の「重要事項」を説明するのが、宅地建物取引主任者なのです
  • また、重要事項説明書に記名押印することが定められています
  • その重要事項説明を行う際には、自らの取引主任者証を提示しなければなりません
宅地建物取引主任者のメリット

宅建は、ますます重宝される資格に

  • 不動産関係の事務所に設置する宅建主任者を「従事者3名に1名」程度にするという案が出ており、今後ますますニーズが増大する可能性があります

いざという時の備えに

  • リストラや倒産などの予想外のピンチに直面しても、生活を守ることができます
    宅建資格は将来への保険になります

不動産業界以外でもニーズが

  • 金融・保険会社では、
    融資の際の担保として不動産を扱うので、宅建の専門知識は有効です
  • 一般企業の総務・財務部門では、
    会社の不動産の管理・運用に、宅建の専門知識は有効です

独立開業も可能

  • キャリアを積めば、独立開業するチャンスあり、
    不動産業は比較的設備投資が少なくて済むビジネスです

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional