司法書士 講座に関する情報をご紹介

司法書士とは

司法書士とは


日常生活のなかで、困ったことや思わぬ被害に遭遇したとき、
それらの問題に対して法律の知識と知恵を使って、解決の道をアドバイスしてくれる仕事です。

司法書士業務は、多岐にわたり「ニーズ(需要)」が豊富で、
社会的な地位も高い仕事です。それだけに、司法書士の資格取得は難しく難関なものです。

  • 高収入
  • 高ニーズ
  • 高ステータス

だから難関試験であり、司法書士は価値が大なのです!

また、2002年に「簡易裁判所における訴訟代理等を行う業務が付与される」などの司法書士法が改正され、ますます司法書士の重要性が増しています。


司法書士の主な業務

不動産登記・商業登記  

  • 不動産の所有者や会社の代表者が変更したときなどに、法務局に提出する書類の作成と、その申請代理を行う業務。

簡易裁判所での訴訟代理  

  • 法務大臣の認定を受け、簡易裁判所で弁護士のように法廷に立ち、訴訟代理をする業務。

成年後見  

  • 認知症などにより判断力が不十分な人の財産・権利を守る業務。

法律相談  

  • 弁護士より気軽に相談できる「身近な法律家」として、相続や借金問題などの相談にのる業務。

司法書士のメリット

独立開業で高収入  

  • 登記の業務は企業などからの依頼も多く、独立して業務を行えば高収入を得ることも可能です。

就・転職にも有利  

  • 司法書士事務所への就職はもちろん、一般企業の法務部門においても需要があります。

人から尊敬される仕事  

  • 「法律の専門家」として社会的ステータスが高く、周囲から信頼と評価を集める資格。


powered by Quick Homepage Maker 4.03
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional