公認会計士 資格に関する情報をご紹介

公認会計士とは

公認会計士とは

 監査・会計・税務の専門家で、国が認定する国家資格です。

 公認会計士は、企業の財務諸表が正しいか否かを、投資家に代わって確認することを仕事とします。したがって、企業の側ではなく、投資家の側に立ちます。

公認会計士の主な業務

公認会計士の独占業務  

  • 「財務書類の監査又は証明をすること」とあり、会社が公表する財務に関する書類が適正であるということを、独立の、第三者の立場から証明することをいいます

公認会計士以外の者は、この監査証明業務を行うことができない  

  • 監査証明業務には、高度の専門性が必要とされるため、独占業務とする必要があります
公認会計士のメリット

需要の増大  

  • 会社の監査・会計・税務は、専門知識が必要であり、独占業務なので収入が良い
  • 健全な会社経営が求められる現在において、公認会計士のニーズが高まっている

法改正による資格取得の機会が拡大  

  • 平成18年度から、公認会計士試験は新制度に移行
  • 受験資格の制限なし
  • 試験の簡素化
  • 試験科目の一部免除 など
    人材確保に向けた、法改正並びに試験制度が変更され、
    より多くの人に、公認会計士としての活躍の場が広がっている

powered by Quick Homepage Maker 4.03
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional