行政書士 講座に関する情報をご紹介

行政書士とは

行政書士とは

市民と官公署とをつなぐ許認可手続の専門家!

 個人や企業に代わって、官公署に提出する各種許認可・届出書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う仕事です。

 現在、私たちが生活していく中で「行政サービス」を受けるためには、手続きや書類の提出が欠かせません。しかし、手続きや書類の提出も、手続きの難しさや書類の複雑さで容易に行える状況ではありません。

 そこで、行政書士が市民と官公署の間に入り、書類の作成や手続きの代理を行って、行政サービスを受け易くしているのです。


行政書士の主な業務

 行政事務が多様化する中で、社会的ニーズが高まっている仕事です。
 業務範囲は広く、活躍の場は多様にあります。

会社設立関係業務

  • 株式会社、 合同会社、 合名会社、 合資会社の設立
    各種事業協同組合、農業協同組合その他
    特定非営利活動法人 (NPO法人) 定款作成、 議事録作成

国際法務事務

  • 外国人の帰化申請、在留許可申請

建設業許可申請

  • 道路占有許可申請
    飲食店営業許可申請
    旅行業登録申請

相続業務

  • 遺言書(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言等)
    相続人の調査手続
    遺産分割協議書

自動車登録

  • 車庫証明申請
    レンタカー許可申請
    自動車税、軽自動車税申告


行政書士のメリット

将来への保険

  • いざという時の備えになる有効な資格です
    リストラや倒産などの予想外の場面でも、今の生活を守れます

就職・転職の武器

  • 子育てママの再就職の切り札 
    転職希望の方にはセールスポイントとして、自分をアピールできます

独立開業で成功

  • 資格が比較的取得しやすく、業務範囲が広い、
    そして、開業時に資金が少なくて済みます

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional