中小企業診断士 講座に関する情報をご紹介

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは

 中小企業診断士は、中小企業の経営課題に関する診断・助言を行う専門家

 中小企業に対して、アドバイスを行う「経営コンサルタント」が主な業務になり、また、行政や金融機関との関係作りや、企業の発展・拡大に向けた支援を受けるための業務があります。

 中小企業の健康診断をする「企業のお医者さん」のような仕事です。

中小企業診断士の主な業務

中小企業に対する経営アドバイス  

企業の現状を分析し、これから発展・拡大していくための戦略を提案します
提案に基づいた、経営計画の立案をし経営のバックアップをします
行政や金融機関から、必要な経営支援を受けるための支援業務をします

中小企業診断士のメリット

経営コンサルタントとして唯一の国家資格  

中小企業の経営の安定・発展に欠かせない「経営アドバイザー」

就職・転職に有利  

企業の経営や専門分野におけるリーダーとして力を発揮できるため、
大きな武器となる資格です
企業内有資格者として活動後、経験と知識を生かして独立開業が可能

現在、中小企業診断士は人材不足  

中小企業の数が多く、必要な経営コンサルタントを受けることができない中小企業が多数
中小企業診断士の活躍の場は、大きく広がっています
人材不足の今こそ資格取得をして、キャリアアップ・ステップアップに絶好の時期


powered by Quick Homepage Maker 4.03
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional