簿記 講座に関する情報をご紹介

簿記とは

簿記とは

会社やお店の「お金の流れ」を、明らかにするために書く書類を帳簿という。

一般家庭で使う「家計簿」と比べて、より正確に・より細かく・整理された書類(帳簿)となる。
会社やお店の帳簿は、第三者が見ても問題ない書類として記録しなければらないため、
規則(ルール)が厳しく定められている。

その厳しい規則(ルール)を学び、帳簿という書類を作り上げる力を養うのが、簿記である。

簿記のニーズ

  • 大きな企業でも・個人経営でも、「お金の流れ」を明らかにする帳簿は作成しなければならないので、簿記の知識をもった人材のニーズは高い
  • コンピュータの導入によって、書類を作成する時間は短縮されたが、数字の入力や出来上がった帳簿の確認するためには、簿記の知識が不可欠

簿記のメリット

就職・転職

  • 大きな企業から個人商店まで、簿記の知識は必要なため、
    簿記は有効な資格

キャリアアップ

  • 簿記の知識と経験は、次のステップへの足がかりとなる
    税理士・公認会計士・ファイナンシャルプランナーなどへキャリアアップが可能

独立・開業

  • 簿記の経験と知識は、
    独立・開業後の経営や業務改善に力を発揮できる

家庭でも活躍

  • 家庭でつける家計簿にも、簿記の知識を利用すれば、
    不景気や当然の出来事に対しても、経済的な不安を抱えず生活できる


powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional